2015年12月16日水曜日

つなぎ目すっきりプリムくっつけ術

セカンドライフ技術系 Advent Calendar 2015にて「おまる流プリム小技」をばひとつ。


たとえば手すり・ガードレールなどで不定形なスペースを囲ったりする場合、シリンダーやチューブの中空の数値を調整してパスカットを駆使して苦労して繋げるより、ボックスを平たくしてそれを繋げた方が楽だということに気付く。

 制作ツールのグリッドにスナップさせて1つのプリムをコピーしていけばイイわけだけど、何しろ不定な角度で合わせるのは難しい……その時便利だというのでローカルのグリッド登場っ

制作ツールを開くと、「一般」「形状」「特徴」~……とタブが並んでる上あたりに「世界 ▼」というプルダウンのポッチがある。
これをクリックすると、
「世界」 グローバル座標・角度基準
「ローカル」 プリムのサイズ・角度基準
「リファレンス(参照)」 SIMのゼロ座標からの距離(たぶん)
の3項目が現れる。
主にグリッドの定規を使う場合限定のお助け機能である。

今回使いたいのは「ローカル」なので、コイツをざっくり説明。
プルダウンで「ローカル」を選択し、プリムをつかんで移動しようとするとグリッドが表示されるのだけど、この時のグリッドにある数字が通常の座標値ではなく、「0X0.5x1x2x……」と変わっている。
これは例えば赤い矢印(X軸)をつかんだ場合はプリム自体のX軸のサイズが基準になるわけで、もしプリムのX軸の長さが1mであれば、0.5xのメモリまで移動させれば「0.5x1m=0.5m」、2xならば「2x1m=2m」と、その長さの倍率で移動が可能ということ。
これはプリムの角度がどんなに変わっても、プリム自体のxyz軸上でお好みの距離をスライドさせることができる。
ナニが便利って、例えばプリムのサイズ自体がきっちりした数値でなくても、いちいち電卓で計算せずにそのサイズの倍数分の距離を簡単に割り出せるのがおいしい。


では「ローカル」を使って実際どんな手順で動かせばプリムを繋げることができるか、これまたざっくり説明。(ローカルy軸に移動させる場合)
① プリムを一個用意する
② 制作ツールで「ローカル」を選択し、緑の矢印(y軸)を掴む
③ 0.5xだけコピー移動(Shift + ドラッグ)(元の位置に残るプリムy軸の端っこまで移動
④ z軸で角度を変える
緑の矢印でさらに0.5x移動


これを繰り返すことで、

プリムを好きな角度でつなげることができる……のだが、



つなぎ目がバリってて美しくないっ

バリ防止策としては、プリム編集の切り取りが使えるz面をx面と置き換えて、「切り取り」をすることでスッキリさせることができる。

x面・z面置き換え方法は、
① 「ローカル」のままy軸で90度回転
② サイズのxzの数値を入れ替え
で出来る。

そして側面にきたz軸を「両側を延ばす」にチェックを入れて「ローカル」のまま2x(2倍)まで伸ばし(切り取りを0.5にすると幅が半分になるので、その分を補うための2倍)、
バリが出ている面に作用する「切り取り」のBEのどちらかを「0.5」にしてあげれば、


ほらバッチリ!(色の変わっている面がz面)
コピー移動をした後でこの処理をするとプリムの幅の半分だけ位置がずれてしまうので、コピー移動する前に「切り取り」を済ませておいた方が無難である。

この小技はいろんなビルドシーンで活躍できるので、ぜひぜひ活用していただきたい。



ついでに、この「つなぎ目すっきり」の亜種でこんなものを作ってもみた。

フリマのブースとして作ったのだが(姑息にもメッシュ製・LI=3)、これはローカルは使わずに、回転もしない。
何が「つなぎ目スッキリ」なのかというと、 横に4メートルコピー移動すると縦軸の柱がピッタリと重なって、尚且つそこに貼ったテクスチャもピッタリ合ってチラつかないという……さらに展示スペースの土台もピッタリくっつき、尚且つそこに貼ったt……ry、優れものである。

特別な技を使っているわけではなくて、メッシュ作成時に土台の横幅を4mにし、その両端の位置が中心となる同サイズの柱を立てて、テクスチャ指定で柱すべてを1枚換算としてそれぞれの面を同じ貼り付け条件にしただけのもの。
SLでテクスチャの繰り返しをしても柱すべてに適用されるので、重なりで起きるテクスのチラつきもない。

興味のある方は、jabara landのフリマで絶賛使用中なので現地で見ていただきたい。
場所はこちら


この2つの小技を合体させることもできるけど、その場合ローカルで0.5x移動させるとオブジェクト全体の長さの半分移動ということになるので、柱は同じ位置に来ない……その場合、柱の半径分の補正をかけなければいけないわけだけど、「切り取り」での手間を考えればまだマシかもしれない(この時、柱の半径が土台の長さの約数でなければマシにはならないので注意)

2015年7月12日日曜日

第1回灯篭デザインコンテスト 開催しますっ

第1回灯篭デザインコンテスト概要

おまる工房で配布(10L$)する[o*2] fly lanternを使った灯篭の図柄デザインを募集します。



テーマは特に設定しません。
デザイン部門とネタ部門の枠を設けますが、投稿時に選択する必要はありません。
審査員のさじ加減でどちらかに振り分けられます。


参加資格:SecondLifeにアカウントを持っていること

募集締め切り:2015年8月2日(土)23時59分


投稿方法
1,おまる工房から[o*2] fly lanternを買う(10L$)

2,オリジナルの図柄テクスチャを当灯篭の側面外側のみに貼り付ける

3,オブジェクト名の後ろにアバター名をフルネームで加筆
 例)[o*2] fly lantern omall Humbridge

4,名前を入れた製品をフルパーミッションのまま
 omall Humbridgeに送りつける。

テクスチャサイズ 1024 x 256 pixel
テクスチャのテンプレート(psd)は下URLからDLできます。

https://dl.dropboxusercontent.com/u/59453998/fly%20lantern%20template1024x256.psd


photoshop・GIMPで使用可能
※ コンテスト対象となるのは灯篭の側面外側のみですが上部や内側をカスタマイズしても構いません。
(上部・内側は1枚のテスクチャで対応していますがテンプレートは発行いたしません)




作例?



デザイン部門
・最優秀賞 賞金 1,000L$(1点)
・優秀賞  賞金 500L$(2点)
・佳作   賞金 100L$(3点目安)

ネタ部門

・お前のホンキ見せてもらった賞 賞金 時価(1点)
・うむ、バカだな賞       賞金 時価(2点)
・そーですね賞         賞金 時価(3点目安)
※ ネタは金額じゃない。キミも職人なら判るだろう?


結果発表・授賞セレモニー
日時:2015年8月8日(土)22:30予定
場所:未定


コンテスト特別ルール

・当コンテストに応募された時点で、作品の使用・販売権をおまる工房に付与したものと見なします。
 (受賞作に限らず、参加作のうちいくつかをコンテスト後、燈篭ガチャ(期限付き)の景品として使わせて頂く予定です)

・当コンテスト参加者はオリジナルデザインに限り、[o*2] fly lanternの名前・パーミッション・価格を変えて販売・配布することを許可します。
 (コンテストに投稿していないデザインでも構いません。)
 それにより発生した売り上げまたはトラブルに、おまる工房は一切関与しません。
(自己責任でどうぞ)

注意事項
 以下にあてはまる作品は、審査対象外とさせていただきます。
 ①第三者の所有権、著作権を含む知的財産権、名誉、信用、
  プライバシー等の権利を侵害するもの。
 ②わいせつ・虐待・差別に相当するもの。
 ③公序良俗に反するもの。
 該当するものがあった場合、投稿者に連絡はいたしません。

問い合わせ omall Humbridgeまでお気楽にどうぞ。


コンテスト主催:おまる工房
協賛:募集中(協賛者が現れた場合、賞金副賞が増えるかも?)